資料詳細

吉本 隆明/〔著〕 -- 筑摩書房 -- 2014.10 -- 331

資料が貸出中のときは「予約かごへ」が表示され、貸出の予約ができます。

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県立 部門 /3312/0091/ 1114114562 一般 利用可 在架 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 吉本隆明の経済学
叢書名 筑摩選書 0100
著者 吉本 隆明 /〔著〕, 中沢 新一 /編著  
出版者 筑摩書房
出版年 2014.10
ページ数 382p
大きさ 19cm
一般件名 経済学
NDC分類(10版) 331
NDC分類(9版) 331
NDC分類(8版) 331
内容紹介 戦後思想の巨人・吉本隆明の著作に体系だった経済学の研究はないが、ひとつの明確な潜在体系が存在する。これまでまとめられなかったその全体像を描くことによって、吉本思想の核心と資本主義の本質に迫る。
ISBN 4-480-01570-1
ISBN13 978-4-480-01570-9

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
吉本隆明の経済学 言語論と経済学 幻想論の根底  吉本隆明/述
言語と経済をめぐる価値増殖・価値表現の転移  吉本隆明/述
原生的疎外と経済 三木成夫の方法と前古代言語論  吉本隆明/述
近代経済学の「うた・ものがたり・ドラマ」 経済の記述と立場  吉本隆明/述
生産と消費 エコノミー論  吉本隆明/著
消費論  吉本隆明/著
現代都市論 像としての都市  吉本隆明/述
農業問題 農村の終焉  吉本隆明/述
贈与価値論 贈与論 吉本隆明/著
消費資本主義の終焉から贈与価値論へ  吉本隆明/述
超資本主義論 超資本主義の行方  吉本隆明/著
世界認識の臨界へ  吉本隆明/述
経済の詩的構造  中沢新一/著