資料詳細

チャールズ・A・ビーアド/〔著〕 -- 藤原書店 -- 2012.1 -- 253.07

資料が貸出中のときは「予約かごへ」が表示され、貸出の予約ができます。

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県立 部門 /3191/0630/2 1112035074 一般 利用可 在架 iLisvirtual

資料詳細

タイトル ルーズベルトの責任 下
副書名 日米戦争はなぜ始まったか
著者 チャールズ・A・ビーアド /〔著〕, 開米 潤 /監訳, 阿部 直哉 /〔ほか〕訳  
出版者 藤原書店
出版年 2012.1
ページ数 p429~859
大きさ 22cm
一般件名 太平洋戦争(1941~1945) , アメリカ合衆国-外国関係-歴史-1933~1945
NDC分類(10版) 253.07
NDC分類(9版) 253.07
内容紹介 ルーズベルトが非戦を唱えながら、日本を対米開戦に追い込む過程を膨大な資料を元に暴き、48年に発刊されるも直ちに「禁書」同前に扱われ、占領下日本でも翻訳されることのなかった政治・外交史の大家の幻の遺著、遂に完結。
ISBN 4-89434-837-3
ISBN13 978-4-89434-837-0