資料詳細

仲正 昌樹/編 -- 御茶の水書房 -- 2005.8 -- 361.04

資料が貸出中のときは「予約かごへ」が表示され、貸出の予約ができます。

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県立 書庫3 /3611/0050/ 1106039090 一般 利用可 在架 iLisvirtual

資料詳細

タイトル ポスト近代の公共空間
叢書名 叢書・アレテイア
著者 仲正 昌樹 /編, 藤本 一勇 /〔ほか著〕  
出版者 御茶の水書房
出版年 2005.8
ページ数 317p
大きさ 21cm
一般件名 社会学
NDC分類(10版) 361.04
NDC分類(9版) 361.04
ISBN 4-275-00384-5
ISBN13 978-4-275-00384-3

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
現代社会における「公共圏」 仲正昌樹/著
アーレント『人間の条件』における公共性の条件 藤本一勇/著
権力と公共性-デリタ的公共性について 堅田研一/著
公共空間は、なぜ、いかなる空間なのか-ハンナ・アーレントにおける公共空間をめぐって- 権安理/著
公共空間と技術-新たな革命のキック・オフ 小森謙一郎/著
〈セックス・ワーク〉論と公共性 高原幸子/著
〈レズビアン・アイデンティティ〉という契機-その公共空間への介入可能性- 堀江有里/著
〈親密圏〉と〈公共圏〉のあいだで-「シルバー世代による子育て」の伝統性と近代性をめぐる一考察- 村田泰子/著
科学技術社会学による広用公共圏論-核エネルギーと遺伝子組み換え作物に関するコミュニケーション批判- 小島剛/著
人間は物化せねばならない-先端テクノロジー時代の「人間性」- 高橋透/著
生き延び・供犠・死への権利-ヘーゲル哲学における死を介した個人と共同体の問題- 西山雄二/著
公共空間生成の端緒としての「住まうこと」-千葉・稔台オウム信者転入拒否騒動を素材とした試論的考察- 吉岡剛彦/著