資料詳細

限界研/編 -- 南雲堂 -- 2017.3 -- 910.264

資料が貸出中のときは「予約かごへ」が表示され、貸出の予約ができます。

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県立 部門 /9102ヒ/0107/ 1116023647 一般 利用可 在架 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 東日本大震災後文学論
著者 限界研 /編, 飯田 一史 /編著, 杉田 俊介 /編著, 藤井 義允 /編著, 藤田 直哉 /編著, 海老原 豊 /〔ほか〕著  
出版者 南雲堂
出版年 2017.3
ページ数 636p
大きさ 20cm
一般件名 日本文学-歴史-平成時代 , 東日本大震災(2011)-文学上 , 福島第一原発事故(2011)-文学上
NDC分類(10版) 910.265
NDC分類(9版) 910.264
NDC分類(8版) 910.26
内容紹介 故郷と肉親、友人・知人の喪失、原発問題、放射能による生物の変容、被災地と非・被災地の温度差、政権への批判、真偽不明の情報と感情の洪水としてのSNS…。3・11以降に生み出された「震災後文学」を扱う評論集。
ISBN 4-523-26553-4
ISBN13 978-4-523-26553-5