ブライアン・ウォード=パーキンズ/著 -- 白水社 -- 2014.6 -- 232.8

資料が貸出中のときは「予約かごへ」が表示され、貸出の予約ができます。

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県立 部門 /2328/0023/ 1114033820 一般 利用可 在架

資料詳細

タイトル ローマ帝国の崩壊
副書名 文明が終わるということ
著者 ブライアン・ウォード=パーキンズ /著, 南雲泰輔 /訳  
出版者 白水社
出版年 2014.6
ページ数 286,49p
大きさ 20cm
一般件名 ローマ(古代)
NDC分類(9版) 232.8
NDC分類(8版) 232.8
内容紹介 ローマ帝国末期にゲルマン民族が侵入してきた時、ローマ社会や経済に何が起き、人びとの暮らしはどう変化したのか。史学・考古学双方の研究を駆使して描く、激動の時代の実態。〈受賞情報〉ヘッセル=ティルトマン賞
ISBN 4-560-08354-1
ISBN13 978-4-560-08354-3
定価 3564円
内容細目注記 文献あり 年表あり 索引あり