永井一彰/著 -- 笠間書院 -- 2014.2 -- 022.31

資料が貸出中のときは「予約かごへ」が表示され、貸出の予約ができます。

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県立 部門 /0223/0012/ 1113145658 一般 利用可 在架

資料詳細

タイトル 板木は語る
著者 永井一彰 /著  
出版者 笠間書院
出版年 2014.2
ページ数 602p
大きさ 22cm
一般件名 古刊本 , 出版-日本-歴史-近世
NDC分類(9版) 022.31
NDC分類(8版) 022.31
内容紹介 従来注目されることのなかった板木を学術史料として位置付け、出版研究に新しい視点を導入。近世出版現場の生々しい痕跡を伝える「板木」から、当時の出版事情に迫る。第一人者が初めてまとめた「板木」論集成。
ISBN 4-305-70718-7
ISBN13 978-4-305-70718-5
定価 12600円

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
板木の意義 京都と古典文学
『おくのほそ道』の板木 『おくのほそ道』板木の旅路
『おくのほそ道』蛤本の謎
「芭蕉」という利権 小本『俳諧七部集』
小本『俳諧七部集』の重板
『七部大鏡』の版権
入木 梅竹堂会所本の入木撰
『芭蕉翁発句集』の入木
板木二題
『山家集抄』の入木
版権移動・海賊版・分割所有 『笈の小文』の板木
『奥細道菅菰抄』の板木
『七部解』と『七部木槌』
『冬の日注解』の板木
竹苞楼の板木
板木の分割所有
『四鳴蝉』の板木
板木は語る 佛光寺の板木
慶安三年版『撰集抄』の板木
俳書の板木
一茶等「七評ちらし」の板木